リハビリ

外来リハビリテーション

 
がんセンターや急性期病院での勤務経験をもつ療法士が手術前・後や治療に合わせたサポートやリハビリテーションを行います。(リハビリには医師の診察が必要ですので、一度ご相談ください。)

乳がん専門リハビリテーション

 乳がん術後は手術した側の腕があがりにくくなったり、リンパ浮腫を発症したりする可能性があります。
 
また、薬物治療や放射線治療により安静が続くことで体力が落ちてしまうことがあります。
 
  • ✔︎術後リハビリを終えたが、いざ家に帰ってみると使いにくかった
  • ✔︎不安なのでもう少しリハビリを続けたい
  • ✔︎リンパ浮腫のことについて教えて欲しい・相談したい(リンパ浮腫相談外来で対応します)
  • ✔︎薬物治療により体力が落ちてしまった
など困ったことがあれば、できるだけ早期からリハビリテーションに取り組むと同時に、リンパ浮腫に関する正しい知識をもち、日常生活や仕事などにスムーズに復帰できるよう整えていきましょう。
 
 また術前の患者さまへは、術後の機能障害やリンパ浮腫発症のチェックが行いやすいよう術前の評価を行ったり、早期からリンパ浮腫の予防を意識したりできるよう術前指導を行いますのでご相談ください。

がん専門リハビリテーション

 がん(癌)になると、がん(癌)そのものの影響や治療の影響により体力が低下し、日常生活に支障をきたすことがあります。
 治療前から体力を強化しておくことで、治療後の回復がよりスムーズになると言われています。また運動療法は、治療中のだるさなど様々な不快症状の改善に有効であることや、治療後も身体活動を維持することで再発率や死亡率が減少する可能性も示唆されており、すべてのがんにおいて勧められています。
 治療後やリハビリ終了後も自己で運動を継続できることが大切です。一緒に自分のペースを作っていきましょう。
 

訪問リハビリテーション

医療法人社団秀博会として、訪問リハビリテーションを行っており、外来通院が難しい方に対しては、ご自宅に療法士が訪問してリハビリを行います。また、退院時の在宅環境を整えるお手伝いもいたしますので下記コールセンターまでご相談下さい。

サービス提供地域:大阪市(一部除く)、東大阪市(一部除く)、八尾市、松原市、堺市(一部除く)、藤井寺市、羽曳野市など
※提供地域に関する詳細は、下記にお問い合わせ下さい。
 提供地域外の方も、連携先のご紹介を含め対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

秀博会コールセンター:072ー334ー1992

訪問リハビリテーション

 がん(癌)や脳卒中、整形疾患、難病などの疾患をお持ちの患者さまに対し、療法士が身体の訓練だけでなく、住環境・福祉用具の提案からご家族が楽に介助できるためのアドバイスまで、個々の生活に即したリハビリテーションを行います。

 筋トレなど、しんどいことばかりがリハビリテーションではありません。より生活が楽になるよう、そして楽しみをもって過ごせるよう、目標を持つことも大切です。例えば「もっと楽にトイレに行きたい」「外出したい場所がある」などの具体的な目標もいいですし、体がしんどい時には苦痛を和らげ過ごすこと自体が目標になるでしょう。それぞれの目標に向け、リハビリテーションとしてさまざまな手段を用いてお手伝いいたします。

 
秀博会では、がん(癌)患者さまのための訪問リハビリテーションも行っております。

  • ✔︎治療の影響で、起きるのがしんどい
  • ✔︎骨転移があると言われている
  • ✔︎座っても横になっても、楽な姿勢がみつからない
  • ✔︎手足が痺れて使いにくい・動きにくい
  • ✔︎手足がむくんで、だるい・動きにくい
  • ✔︎test

 

以上のような、がん(癌)に伴う症状や後遺症でお困りの方、がん治療や緩和ケアを受けている方、退院後の自宅環境に不安がある方も訪問リハビリテーションの対象です。
 医師や、看護師、ケアマネージャー等とチームを組んで在宅生活を整えるお手伝いをいたします。「自宅に帰りたい」「家族を連れて帰りたい」と感じたら、お早めにご相談ください。
TOP