診療科目

がん(癌)診療・相談外来

がん(癌)と診断されたが受け入れられない・・・

これからの治療や生活が不安・・・

治療に関して悩んでいる・・・

がん(癌)の治療中で通院がしんどい・・

自宅でも診察が受けれたら・・

と加療中の方やこれから治療を予定されている方、全てのがん(癌)患者さまの様々な状況、不安に応じて、大阪国際がんセンター名誉総長でもある今岡院長と共に各スタッフがチームとなってお受けし、相談・診察の対応を行っていきます。


 

 

 

クリニックでの取り組み

がん(癌)と診断されてから入院する(治療が始まる)までに、治療に向けてご自身のコンディションを整える事がとても大切です。なぜなら、治療に耐えられるだけの身体作りや今からの習慣を見直す事は、治療に伴う副作用の予防・軽減や、術後の合併症のリスクを軽減させるとされ、より良い治療を継続することにつながるからです。


 

 

 

★クリニックでは禁煙など、身体作りのためのサポートに力をいれています。

その他、合わせて必要な栄養・口腔ケアの指導も行い、治療前の患者様の身体・今までの習慣を見直すサポートを行っています。
また、癌(がん)の治療方法は手術、抗がん剤療法、放射線療法と様々にあります。受けられる治療とその経過や病状とご自身の体力によっても状態は異なります。その様々な状態でも、安心して治療を受ける事が出来るようにクリニックでは支援、対応することにも力を入れています。


 

 

 

★治療における、抗がん剤、放射線の副作用や手術後ケア

(ADLの低下、創部の状態、食事の摂取状況)に対し、がん治療を専門とした医師と経験あるスタッフで診察を行っています。
 
また、状態によってはご自宅での対応(訪問診察・訪問)を行っています。
TOP